【腰痛@情報館】 - 症状・原因・治療・ストレッチ・対策など

【どこで腰痛治療を受ける?】 マッサージや鍼灸治療

腰痛の治療としてマッサージ院や鍼灸院などに通うことを考える人もいるでしょう。大まかに言えば、マッサージは手技による筋肉のもみほぐし、鍼は経絡を整える、灸は温熱による筋肉の緩和と考えれば良いでしょう。

厳密に言うと、鍼灸マッサージ師は東洋医学の治療を行なえる国家資格になりますが、民間の認定資格を得た人が行なうマッサージ治療院も存在します(鍼灸は不可)。たとえば、リフレクソロジーやアロママッサージ、ロミロミ、タイ式マッサージなどがそれです。

この場合、治療ではなく「癒し」になるらしいですが、腰痛が改善するかは相性もありますので、資格の差異を特に気にすることもないように思います。

ただ、マッサージや鍼灸が対応できる腰痛には、限りがあります。

腰痛の悩みでもっとも多いのは、長時間の座り仕事や重いものを持ち上げたなど、腰への負担・疲労からくる腰痛です。この場合、痛みをやわらげるのにマッサージや鍼灸は効果があります。

また専門医の診察によりヘルニア等、すでに原因がはっきりしている腰痛の緩和にもマッサージは高い効果を期待できます。ただし、この場合、問題のある腰の骨の近くの筋肉をゆるめることしかできませんので、根本的な解決にはなりません。

これは、内臓から来る腰痛も同様です。ただ、マッサージや鍼灸では解消する事ができない腰痛でも、マッサージが全く意味のないものということではありません。一時的にでも腰痛が軽くなり、気持ちよく感じ、ストレスがなくなるというメリットは素晴らしいものです。

ただし、ぎっくり腰や激痛を伴う場合は、マッサージを受けると余計に悪化する場合もあるようなので、まずは専門医を受診してから、指示に従うようにしたほうが安全です。

中には、西洋医学の診断も組み合わせて、マッサージ治療を行なっている治療院もありますので、いろいろ特徴を調べて通ってみることをオススメします。

1回で劇的に改善することはマレで、何回か通って症状が和らいでいくものと考えてください。

また、マッサージに頼ることなく、食生活やストレッチ・体操で、自分の筋肉で腰を支えられるようなからだをつくることも同時に目指すようにすることが大切です。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 【腰痛@情報館】 - 症状・原因・治療・ストレッチ・対策など All Rights Reserved.