【腰痛@情報館】 - 症状・原因・治療・ストレッチ・対策など

【症状でわかる腰の病気】 骨粗しょう症による腰痛

高齢の女性に多い骨粗しょう症。腰痛を起こす直接の原因ではありませんが、腰痛の原因になる背骨の骨折を起こしやすいので注意が必要です。

骨は、破骨細胞と骨芽細胞の2種類の細胞がバランスを保って働いています。ところが、加齢やカルシウム不足により骨を溶かす破骨細胞の働きが、骨をつくる骨芽細胞の働きを上回ると、骨の再生が間に合わなくなります。すると、骨組織がスカスカになってもろくなり骨粗しょう症を招くのです。

骨の量は男女ともに20〜30代でピークになり、その後、一定の骨量を保ちますが、特に女性は閉経の後、女性ホルモンの量が減るとともに、骨密度が急激に減っていきます。

これは、女性ホルモンのひとつであるエストロゲン(卵胞ホルモン)に、骨をつくるとともに、骨からカルシウムが過剰に溶け出すのを抑える働きがあるため。更年期に入って卵巣の機能が衰えると、このエストロゲンの分泌量が急速に減少し、骨量が減ってしまうのです。

骨粗しょう症は全身の骨に影響を与えますが、中でも症状がもっとも出やすいのが、脊椎、とくに腰の骨です。

骨粗しょう症で骨がもろくなっている人は、ちょっとした物を持ち上げるだけで、脊椎骨の前方の円柱状をした椎体が押しつぶされたように骨折することがあります。

高齢になると背中が丸くなったり、腰が曲がったりしますが、これは椎体の骨折が原因です。前傾姿勢になると転倒しやすくなり、転倒すると骨がもろいので骨折の危険が高まるので注意が必要となります。

脊椎は通常S字に湾曲していてバランスが取れているのですが、腰や背中が曲がることによって、脊椎の両側にある筋肉が、バランスを取ろうとして常に緊張してしまいます。その筋肉のこわばりが、腰痛の原因となります。

さらに、高齢になると、筋肉中の血液の循環が悪くなります。すると、ちょっとでも筋肉に負担がかかると老廃物をうまく処理できず、酸欠状態になってしまいます。この状態が長く続くと、自律神経が刺激され、痛みを引き起こしてしまうのです。

骨粗しょう症による背中や腰の痛みは、体を休めても消えるものではありません。仮に痛みが消えても重苦しく、だるい感じが残ってしまうことが多いようです。ストレッチや患部を温めるなどで、腰痛をケアするように心がけると良いでしょう。

一番の理想は、骨粗しょう症にならないよう予防すること。

無理なダイエットや運動不足は、骨を弱体化させます。若いうちに骨量が減ってしまうと、更年期に入って骨粗しょう症にかかる危険性が非常に高くなりますから、注意してください。喫煙やお酒の飲み過ぎも骨量を減らすので節制を心がけましょう。

日本人の高齢者は、1日800ミリグラム以上のカルシウム摂取でようやくカルシウム量がマイナスにならないと言われています。更年期を迎えたら、この摂取目安を心がけましょう。また、カルシウムの吸収をよくするためにビタミンDの多い食品を組み合わせることも大切です。屋外に出て日光に当たること体内のビタミンD生産を促すことができることも覚えておいてください。

さらに運動習慣を身につけ、適度に骨に負荷をかけることが、骨密度を保ち骨折を予防するのに役立ちます。

カルシウム摂取、日光浴、適度な運動・・・これが、骨粗しょう症を予防・治療するための3つの心がけと言えるでしょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 【腰痛@情報館】 - 症状・原因・治療・ストレッチ・対策など All Rights Reserved.