【腰痛@情報館】 - 症状・原因・治療・ストレッチ・対策など

【症状でわかる腰の病気】 脊椎分離症・すべり症

脊椎の上下の関節突起の間が切れたものを「脊椎分離症」といいます。主に、一番下にある第4腰椎と第5腰椎に起こることがほとんどです。

分離して脊椎の安定が悪くなり、椎骨の前の部分が前方にズレすべった状態になるものを「脊椎すべり症」と言い、前者と区別しています。

ただ、分離していなくても、すべり症が起こることもあります。これは椎間板の変性が原因となっており、主に中高年以上に見られる症状です。

脊椎分離症の原因として、腰の曲げ伸ばしやひねり運動を繰り返すことで、徐々に骨の分離が起こるとする「疲労骨折説」があります。骨が成熟していない少年期に、スポーツで腰部に繰り返し負担をかけると発症するケースがあるからです。

ただ、スポーツをしていると必ずなるわけではなく、体質的な要素もあるので、あまり神経質にならないようにしましょう。

症状についてですが、分離症だけでは自覚症状が出ない場合が多いようです。ただ、長時間の立ち仕事や、腰を反らせたり横に曲げたりした時に腰痛を感じる場合があります。とはいえ、分離している部分の骨の痛みだけなので、下肢の筋力低下や痛み、しびれなどの神経症状はない場合がほとんどです。

一方、すべり症では、脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)を起こす場合があり、そうなると神経が圧迫され、腰痛の他に下肢の痛みやしびれなどの症状を訴えるケースが多くなります。

早期に発見し治療を開始すれば、ほとんどの場合は3〜4ヵ月程度の保存療法で良くなります。正しい姿勢の指導や腹筋背筋の増強をする訓練を続け、筋肉でコルセットの役目を果たせるようにするのが目標です。

症状がおさまった後も、正しい姿勢を保ち、バランスのとれた腹筋背筋を鍛える体操やストレッチを心がけましょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 【腰痛@情報館】 - 症状・原因・治療・ストレッチ・対策など All Rights Reserved.