【腰痛@情報館】 - 症状・原因・治療・ストレッチ・対策など

【症状でわかる腰の病気】 坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、特定の疾患を指す「病名」ではありません。

どういうことかと言うと、坐骨神経痛とは、何らかの原因(疾患)によって坐骨神経が刺激され、お尻から太もも、ふくらはぎ、足先など非常に広範囲(坐骨神経が通っている範囲)に生じる痛みやしびれといった症状そのものを指す名称なのです。

坐骨神経は、人体の中で最も長い末梢神経です。太い所では親指ほどの太さがあり、最も太い末梢神経でもあります。

これだけ長い神経であるため、坐骨神経のどの部分がどのように圧迫されたり、障害されたりしているかによって、症状の出る範囲や症状の出方も変わってきます。ですから、まずが坐骨神経通を起こしている「要因」を特定することが、治療の一番のポイントとなります。

坐骨神経痛の原因となる主な疾患の一番手として考えられるのは、「椎間板ヘルニア」です。急性かつ痛みが激しいときは、まず疑ってかかるべきでしょう。

腰からお尻にかけての痛み、太ももの裏や足の痛みしびれなどの症状が特徴です。

また、スポーツや仕事など、習慣的に行なう動作で腰や股関節などに負担がかかり続けると、お尻の下にある筋肉が受けるストレスとともに、坐骨神経も圧迫されて痛みを生じる原因となります。 ただ、この場合は、椎間板ヘルニアのように急性の腰痛ではなく、緩やかに発症するのが特徴です。

そのほか、高齢者に見られる「脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)」という、背骨の中央にある神経が通っている穴が狭くなることで、神経が圧迫されて坐骨神経通を引き起こす疾患も考えられます。

痛みのために歩行が困難になり、足に力が入らなくなるのが特徴です。休息を取ることにより回復しますが、自然治癒は難しいとされています。

この後に解説する「腰椎の分離やすべり」、まれに腫瘍なども、坐骨神経痛の原因となると言われていて、まさに人それぞれ原因が多岐にわたり、さまざまな場所に痛みが走るのが特徴と言えるでしょう。

適切な治療を受けるには、原因の特定が欠かせません。

大切なのは、悪化する前に早めに整形外科を受診すること。もっとも可能性の高い椎間板ヘルニアであれば、MRIの撮影で確定的な診断ができるようになっています。必要な場合は、内科的診断も受けられるので、専門医に相談すると良いでしょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 【腰痛@情報館】 - 症状・原因・治療・ストレッチ・対策など All Rights Reserved.