【腰痛@情報館】 - 症状・原因・治療・ストレッチ・対策など

【自分でできる腰痛対策】 腰痛をやわらげるサプリメント

腰痛予防に限らず、栄養バランスの整った規則正しい食生活というのは、健康維持の基本となります。

とはいえ、現代人の生活では、食生活が偏ってしまう日もあるでしょう。また、高齢になれば食事量が減りますから、1日の食事で必要な栄養素すべてをまかなうことが難しい場合もあるかもしれません。

そのような場合は、サプリメントで補うことも1つの方法です。

ここでは腰痛症状の改善や防止に良いといわれている栄養素とそれを多く含む食品をご紹介していますので、できれば普段の食生活の中で摂取することを目指し、難しい場合は必要と思われる栄養素を含むサプリメントで補ってみてくださいね。

●ビタミンB1
食事から吸収した糖質から筋肉や末梢神経に必要なエネルギーを作りだす働きがあります。 肉体疲労にも効果的です。
<多く含む食品>豆腐・豚ヒレ肉、玄米、うなぎ

●ビタミンE
血行を改善し、手足の血液の流れを良くし、乳酸(疲労物質)を体外へ運び出す働きがあります。
<多く含む食品>豆腐、ほうれん草、かぼちゃ、落花生・アーモンドなどナッツ類

●ビタミンB12
神経の機能維持に関与し、肩こり・腰痛をやわらげる働きがあります。痛みやしびれを改善するためには、傷ついた末梢神経を修復しなければならないのですが、ビタミンB12の一種メコバラミンは傷ついた末梢神経を修復する作用があると言われています。
<多く含まれる食品>牛レバー・かき
※ただし、末梢神経を修復するのに必要な量を食事からとるのは難しいとされています。

●カルシウム
骨の発育を促します。カルシウム摂取と運動をセットにすると効果アップ。
<多く含まれる食品>牛乳、いわし

●グルコサミン
関節の軟骨の再生に働きかけます。コラーゲンの生成を促進し、腱を強くし、関節の曲げ伸ばしをスムーズにして運動機能を改善します。
<多く含まれる食品>カニ・エビなど甲殻類の外殻を形成するキチン質に多く含まれる天然アミノ酸。サプリメントでの補充が一般的。

●コンドロイチン
加齢とともに軟骨が擦り減ると、痛みを発しやすくなりますが、軟骨が擦り減ることを抑制する働きがあると言われています。
<多く含まれる食品>ハモ・スッポン・納豆・ヤマイモ・オクラ・なめこ


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 【腰痛@情報館】 - 症状・原因・治療・ストレッチ・対策など All Rights Reserved.