【腰痛@情報館】 - 症状・原因・治療・ストレッチ・対策など

【腰痛の原因を知ろう】 女性特有の腰痛

男性と女性を比べた場合、女性のほうが腰痛に悩む割合が高いようです。

その原因の一つは、体の構造の違い。女性は、女性ホルモンの影響で、男性よりも全体的に筋肉量が少なくなっています。その代わり筋肉や靭帯などが男性よりも柔らかいため、筋肉量の少なさを補って動きをしなやかにしているのです。

ただ、筋肉の量が少ない分、どうしても腰に負担がかかるような場面では、男性よりも悲鳴を上げるのが早くなってしまいます。

さらに、女性ホルモンの影響が大きくなる時期として、生理前や妊娠・出産直後が挙げられます。これらの時期に、腰痛に悩まされる女性は非常に多くなります。

これは、出産の準備のために関節を緩める働きを持つ女性ホルモンが卵巣から分泌されるため。

なかでも、骨盤の「恥骨結合部」が緩むことにより、普段腰を支えている筋肉や靭帯のバランスが崩れ、過剰に負荷がかかって、腰痛を発症してしまうのです。

特に、体重が10s前後増加する妊娠中は、前に突き出たおなかを支えるために、どうしても腰への負担が大きくなります。ストレッチを習慣にするなど、腰痛対策を積極的に行なうようにすることで、多少は軽減できるでしょう。

もともと骨盤がゆがんでいたり、腰痛を持っていたりする人は、特に生理前や妊娠時の腰痛が悪化しやすいと言われています。

余談ですが、骨盤のゆがみを正すには、実は出産後が最適です。ホルモンの影響で関節が緩み、それが元に戻ろうとしている自然の力を借りて、正しい姿勢を習慣づければ、出産前の体の弱点を克服することができるからです。

逆に言えば、産後のこの時期に正しくない姿勢でいると、骨盤にゆがみを生じ、慢性腰痛の原因をつくることになります。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 【腰痛@情報館】 - 症状・原因・治療・ストレッチ・対策など All Rights Reserved.