【腰痛@情報館】 - 症状・原因・治療・ストレッチ・対策など

【腰痛の原因を知ろう】 筋力の低下による腰痛

腰痛というと、中高年の持病のようなイメージがあるかもしれませんが、最近は20代〜30代でも慢性的な腰痛に悩まされている人が少なくありません。

これらの多くは、骨や筋肉などの整形外科的要因から生ずる腰痛。特に現代人は、正しくない姿勢と運動不足による筋力低下が原因となっているケースが多いようです。

といっても、必ずしも専門的な治療が必要というわけではありません。

生活の中で、正しい腰痛対策を実践すれば予防できますし、痛み始めた場合でも症状を軽くすることができます。

このサイトでも、正しい腰痛対策をたくさん紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

さて、では、なぜ筋力低下が腰痛につながるかを理解するために、まず背骨から腰にかけての構造を説明していきましょう。

人間が直立歩行するようになった過程でつくりだされたのが、脊柱(せきちゅう)のS字カーブ。歩く際の足から頭への衝撃を吸収し、上半身の柔軟な動きを可能にしています。

ところが、脊柱はそのままでは安定しません。靭帯、腹筋・背筋などが、たとえればワイヤーロープのようにして脊柱を支え、必要な時にはしなやかなに動いて私たちの動作に対応してくれます。

ですが、背骨を支えている周辺の筋力が弱くなると、脊柱を十分に支えきれず、S字カーブがくずれてしまうことになります。すると、背骨を支えている腰椎ばかりに負担がかかり、姿勢のバランスに歪みが生じてきます。

こうなると、腰椎をささえる筋肉がこわばって炎症を起こし、腰痛の症状となってしまうわけです。

交通網の発達で現代人は歩くことが少なくなってきています。また、さまざまな生活習慣から猫背の人が増え、正しい姿勢をキープしている人が少ないという事情もあります。

こうした背景が、腰痛に悩む人を増やしていると言えるのです。

[リンク]治験企業で薬剤師で働く方法


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 【腰痛@情報館】 - 症状・原因・治療・ストレッチ・対策など All Rights Reserved.